改善Lab.

メールマガジン登録
デザイン2020.07.27

MSゴシックの使用は要注意!

普段何気なく使用しているフォントが、実は可読性の悪いフォントかもしれない例を取り上げたいと思います。

高齢化社会が進み、文字の「読みやすさ」は社会に不可欠な要素となりました。
保険募集に使用されるフォントサイズは最低8ポイントとルールがございますが、高齢者からするとそれでも小さく読みにくいそうなので、8ポイントでも可読性が良いフォントを選択する必要がございます。

PCに標準搭載されているフォントとして、最も使用される機会が多い「MSゴシック」というフォントがあります。
実はこのフォントは可読性が悪く、パンフレットやチラシには不向きです。

MSゴシックの可読性が悪い理由

①文字の幅がせまい

下図をご覧ください。
3つのフォントを並べていますが、全て同じサイズで、一番上がMSゴシックとなっています。
見ての通りMSゴシックは文字幅が狭く、特に数字についてはかなり細いので、8ポイントにした場合に小さく見えてしまいます。

②文字が潰れやすい

上図の通りMSゴシックは文字が細いため、文字サイズが小さくなればなるほど潰れやすくなります。
特に「保障」のような漢字の場合、四角の中の空きが小さいため、文字が小さい場合には潰れやすくなります。
また文字サイズが8ポイントでもコピーを数回繰り返しますと、潰れることが検証で分かっています。

下に料金表をフォント4種類の比較で並べてみました。全て同じサイズです。
数字について、MSゴシックが一番細く見えることが一目でお分かりいただけると思います。

エクセルの場合、「游ゴシック」が初期設定されていると思います。
このフォントもMSゴシックに似た細いフォントのため、パンフレットやチラシでは可読性が悪くなるため、あまり使用しない方がいいでしょう。
Windowsに標準搭載されているメイリオは、プロ用フォント(UD新ゴR)に似た書体で、文字も太めに作られており可読性には問題がないフォントだと思います。

いかがでしょうか?
フォントの選び方によって、パンフレットやチラシも見え方が変わってきます。
読みやすさの観点から、なるべく可読性の良いフォントを普段から意識して使用されることをお勧めします。

同じカテゴリの記事